×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

川 ゚‐°)愛と希望と惨劇の忍者純子のようです

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/25(火) 00:53:42.95 ID:dAU0RkDAO
代理ありがとうございます
幸せな奴ぜんいんしね


これはあたしが本番スペインで、まだ現役の忍者だったころの話を実話をモチーフにしたフィクションです
では、はじめます





8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/25(火) 00:59:06.47 ID:dAU0RkDAO
おなかがへったらぽんぽこりん
おなかがへったらぽんぽこりん

おなかがへったらぽんぽこりんよぉー♪

川 ゚‐°)にんにん

あたしの脳内をえなりかずきの名曲、ドライヴヘヴンが流れ出す
流れ出す、えなりかずきが

そう、ノスタルジー
愛と勇気とノスタルジー

アンニョイえなり

この日あたしは、はじめてこの手でこの日あたしは
人を殺した、一人この手で
ハッピーバースディ


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/25(火) 01:06:03.48 ID:dAU0RkDAO
  
すえたタバコの匂いが、鼻につく
かなり度のつよい、タールが濃いわかばだ体にわるい、はよ1000円になるかめしれない危険だ

危険な男だった
でも愛してしまった、男じゅん
純ーーーもう死んでるけど
愛していた
あいしていたわ

川 ゚‐°)にんにん

(ω ^^)

眼前に転がる純は
もはや以前の姿を留めてなかった

あのギター好きで
ダンスが上手くて
ダンスダンスレボリューション上手くて
英検三級って自慢してくる純はもういない

あたしがころしたからだ
でもしたいわある、まずい死んでも死体わ残る
でも魂わない

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/25(火) 01:11:11.05 ID:dAU0RkDAO
 
川 ゚‐°)にんにん


血のついた荵具をぺろりとぺろぺろする
そう、これわ決意だ
決意するかのよいにぺろりとたいらげる

純を殺したとゆう事はあの組織‘服部ブラザーズ’をてきにまわすとゆうことが
((川 ゚‐°)))

いつのまにかガタガタと震えていた
ガタガタとふるえているのは、さっきからだ
いまふるえだしたのでわない
純を殺して、震えているのはさっきからだ
それだけ、恐ろしい


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/25(火) 01:14:14.11 ID:dAU0RkDAO
 
 
川 ゚‐°)にんにん

純に一瞥し、そこを跡にする

ありがとう、純
あたしまけないよ

組織にぜったいまけないよ
多分まけないよ、きっと


恋人の死を背中にせよい
あたしは埼玉をでた

そうーーーー
組織をつぶすために

まけないハート
イッツマイソウル

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/25(火) 01:19:49.31 ID:dAU0RkDAO
 
 
川 ゚‐°)にんにん

降りそうなきれいな空は
まるでこんぺいとうのようで

純をうしなったいたみを
ほんのすこしいやしてくれて
あたしはすこしいやされて
でも、まだハートブレイクで
ねえ、この空は
純とつながっているのかな
この夕陽は
どこに繋がってるのかな

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/25(火) 01:24:02.67 ID:dAU0RkDAO

そんなときだった

(’∀`)ヒャッハーおぶつはしょうどくです

 
 
川 ゚‐°)に、にんにん!

四天王のひとり
‘疾風のドクオ’にみつかるハメになってしまった
つまり、見つかってしまったーーーーー


(’∀`)あいてがわるかったですねふふふわたしわつよいですよ?

しゅぱ、風のドクオから
繰り出される正拳づきに
あたしは死を覚悟した


そんなときーーーー

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/25(火) 01:27:02.29 ID:dAU0RkDAO

川 ゚)°-


ズギャッチャ


あたしは爆発したーーーーあの日の思い出のようにーー


ラブスカイホリデーィ♪
ラブスカイホリデーィandなんとかー♪





26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/25(火) 01:28:01.11 ID:dAU0RkDAO




   この小説を、すべての悩める乙女さんにーーーー









     fan




TOPに戻る