×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

( ^ω^)は正常のようです


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 02:03:51.35 ID:iQPyanof0
その日の帰り道に、僕は猫を殺した。
野良だった。
縞の小さなその猫は、僕の足元に近寄ると一つ泣き声をあげた。
それが気に食わなかったのだ。

気づくと、そこには潰れた猫がいた。
頭蓋からは脳漿がはみ出て、体からは折れた骨が突き出ている。
濁った眼が、僕を見ている気がした。
気に入らなかった。
だから、その目をもぎ取って、僕は何度も踏みつぶした。

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 02:07:47.54 ID:iQPyanof0
日々は退屈。
誰もが思っていることだろうけど、僕はより深く思う。

('A`)「おはよう、内藤君」

机に突っ伏している僕に、彼は声をかけてきた。
ドクオ。彼はそう呼ばれている。

( ^ω^)「おはようお」

あいさつをされたのなら、返すのが礼儀だ。
それが正常な人の判断である。

('A`)「やけに眠そうじゃないか。どうしたんだい?」

( ^ω^)「ちょっと、根つめて勉強しすぎちゃって……」

僕が昨夜、勉強を遅くまでやっていたのは事実だ。
受験生なのだから、正常な判断である。

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 02:11:23.46 ID:iQPyanof0
('A`)「うわあ、流石は校内一の真面目さんだね」

( ^ω^)「ははは……いやいや」

僕は、果たして真面目なのだろうか?
ただ普通に、学生のやるべきことと正しい事をやっているだけだ。
学生は勉強が本分なのだ。
だから、僕は勉強をしていたまでだ。
それに、近い日には模試がある。
昨夜おそくまで勉強していたのはそのためでもあった。

('A`)「謙遜しないでよ。君は今や珍しいまでの常識人で真面目だって噂なんだぜ」

その言葉に、僕はまた当たり前だと思った。
校則は守るし、授業には毎日出ている。
風邪をひいたことだってない。
モラルや常識だって、人間なら誰にだって当たり前にこなすものだろう。

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 02:15:22.54 ID:iQPyanof0
( ^ω^)「ほら、そろそろ授業が始まるお。席に着くお」

ふと時計を見てから、ドクオにそう言う。
彼は流石だね、と言い残すと自分の席へと戻った。
予鈴が鳴る。ホームルームの時間だ。
  _
( ゚∀゚)「おはよう皆」

担任のジョルジュ先生が、今日も元気そうに登場する。
ぶっとい眉毛はいつものように凛々しい。
  _
( ゚∀゚)「よーし、内藤。号令」

( ^ω^)「はいお。起立」

僕はこのクラスの委員長も務めている。
だから号令や行事に関しては僕が進行を務めることが多い。

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 02:19:45.80 ID:iQPyanof0
  _
( ゚∀゚)「最近、このあたりで野良猫の死体が目立ってきている。
     もしかしたら、不審者が出ているのかもしれない。
     お前たちも危険を避けて、なるべく遅い時間帯や一人で帰るのは避けろよ」

ホームルームで先生が出した話で、その話題が上がった。
猫の死体。最近、多発しているらしい。
物騒な世の中だ。危ない人はこれだから困る。
警察も何をやっているのだろうか。
  _
( ゚∀゚)「さて、おっかない話で締めて悪いが、ホームルームは以上だ」

先のように、また僕が号令をかけてようやく朝のホームルームが終わりを告げる。

( ^ω^)「猫……」

猫。

頭によぎるのは、あの濁った瞳。

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 02:24:24.08 ID:iQPyanof0
退屈だ。学校もそれは変わりがない。
毎日は七限の勉強と休憩とご飯の繰り返し。
クラスメイトとは変わらないようで、しかし毎日違った会話の繰り返し。
勉強は予習と復習のお陰で卒なくこなすが、それも毎日の繰り返し。
登下校の家から学校、学校から家への行き帰りの繰り返し。

('A`)「しかし、物騒な話だよね」

( ^ω^)「何がだお?」

僕の前の席に座って弁当を食べるドクオがそうポツリと呟いた。

('A`)「食事中に何だけど、今朝、ジョルジュ先生が言ってただろう?ほら」

( ^ω^)「……ああ、例の猫?」

('A`)「うん」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 02:27:29.37 ID:iQPyanof0
にゃあ。短い鳴き声が、頭の中に響いた。
うるさい。

('A`)「異常だよ。動物を殺すだなんて」

ドクオが、珍しく語気を荒げている。

( ^ω^)「君は、猫が好きなのかお?」

('A`)「ああ、猫も犬も、カメレオンだって。動物は大好きだよ」

だからこそ、とまたも怒りを露わにする。

('A`)「許せない」

( ^ω^)「…………」

彼の怒る理由はよくわかる。
誰だって、生命が散るのには反感を覚えるだろう。
ましてや、自分の愛でる動物を殺されたとなれば怒りを覚えよう。
僕だって、怒れてくる。

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 02:31:37.39 ID:iQPyanof0
('A`)「内藤君は、どう思う?」

意見を僕に求めるのは、彼の癖だ。
きっと、自分だけの考えに自信がない表れだろう。
だが、今回は共感を求めようとしている。

( ^ω^)「僕も同意見だお。本当、犯人は最低だお」

僕は、常識人で優等生。
だから、モラルだってもってるし、常識だってわきまえてる。
何にしたって、有害な動物以外を殺すのには怒りを覚えるものだ。

('A`)「だよね!内藤君もそう思うよね!」

ドクオが歓喜の表情で声を高らかにそう言った。
彼の表情を見て、僕もにっこり。

('A`)「内藤君は優しいなぁ」

( ^ω^)「おっおっ」

そう、僕は優しいんだ。
誰にでもわけ隔てなく接するし、いつだってその人の意見を尊重してあげる。
その人の望む言葉だって投げかけてあげるし、望むこともしてあげる。

( ^ω^)「……にゃあ」

にゃあ。

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 02:37:00.00 ID:iQPyanof0
家に帰ると、暖かい空気と美味しそうな匂いがお腹を刺激した。
匂いから、今日の晩御飯はカレーだと分かる。
スタスタと通路を抜け、リビングへと出ると母の姿があった。

J( 'ー`)し「あら、お帰りホライゾン」

エプロンを身にまとい、カレーを煮込む姿はまさしく母の鏡だと僕は思う。
穏やかな笑顔に僕はいやされ、食卓に腰を掛ける。

( ^ω^)「ただいま、お母さん」

J( 'ー`)し「おや、もう晩御飯にするかい?」

( ^ω^)「うんお。お腹すいたお」

はいはい、と母がキッチンへとまたも姿を消す。
次に現れたときには、その手にカレーの注がれたカレーライスを持ってきた。

( ^ω^)「美味しいお」

カレーの中に転がる大きめのジャガイモとニンジンをかみ砕く。
ほんのりとした甘味と、濃縮されたコクと絡みが口内を満たした。
熱い液体は喉を通るたびヒリヒリするが、それを僕は何度も求める。

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 02:39:13.80 ID:iQPyanof0
J( 'ー`)し「それで、勉強の方はどうだい?」

僕の前へと腰かける母は、そう尋ねる。
僕は頬張っていたご飯を飲み込むと、水で洗い流した。

( ^ω^)「相も変わらず順調だお」

J( 'ー`)し「そう!流石はホライゾンね!」

そう答えると、母は喜々とした。
そんな母の姿を見て、僕はにっこり。

どこかで、猫の鳴き声が聞こえる。
にゃあ。



うるさい

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 02:43:57.73 ID:iQPyanof0
( ФωФ)「ただいまである」

僕がご飯を食べ終えると同時に、玄関から父の声が聞こえてきた。

J( 'ー`)し「お帰りなさい、あなた」

( ФωФ)「ああ、ただいまである」

仕事帰りだと言うのに、その表情に疲れが見えない。
父、ロマネスクは僕の目標だ。
父は警察官をしていて、かなり上の立場を担っている人だ。
実力も頭もずばぬけていて、完璧な人間だ。

( ^ω^)「お帰りなさい、お父さん」

( ФωФ)「おお、ただいまホライゾン」

父が、僕へと顔を向ける。

( ФωФ)「晩飯を食べ終えたのなら、勉強しなさい。
        そろそろ模試があるのだろう?
        お前なら大丈夫だろうが、勉強は積み重ね。繰り返すことに意味がある」

期待しているぞ、と最後に声をかけると、父はお風呂へと向かった。

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 02:46:23.26 ID:iQPyanof0
カリカリ。鉛筆をノートに走らせる。
パラパラ。教科書を捲る。

( ^ω^)「あ……」

パキリ、と鉛筆の先が筆圧に負けて砕けた。
手が止まる。

( ^ω^)「……ああ、そうだ、コーヒー」

ふと時計を見て、時間が夜中の三時だと気付く。
椅子から立ち上がり、コートを羽織る。
財布をズボンのポケットに突っ込むと、部屋から出た。

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 02:49:50.88 ID:iQPyanof0
夜は冷える。もう直は冬も終わるだろうと言うのに。
僕はコンビニに入ると、いつものように缶コーヒーを買って店を出た。
今日は、飲みながら歩こう。
本当は、こんな非常識なこと、しちゃいけないんだけど。
けれど、ゴミを、空き缶を捨てなければいいんだ。
ゆっくりと、チビチビとコーヒーを傾けていく。
はあと息を吐くと、白い息が出た。

( ^ω^)「……あ」

にゃあ。
鳴き声がした。
僕の歩く通りの先に、白の猫がいた。

( ^ω^)「ああ」

コツコツと猫へと足を向ける。
白い猫は、逃げもせず、逆に僕へとすり寄ってきた。

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 02:52:15.77 ID:iQPyanof0
にゃあ。
はい。
にゃあ。
うん。
にゃあ。
違う。
にゃあ。
そうなの?
にゃあ。

( ^ω^)「にゃあ」

足を、それから話した。
白かった毛並みは、どす黒い血で染まっていた。
折れた脚はおかしな方向を向き、関節から骨が飛び出していた。
最後に、頭に足を乗っけようとした、その時。
濁った眼が、見えた。

( ^ω^)「……うるさいお」

鈍い音が響く。

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 02:56:15.40 ID:iQPyanof0
('A`)「あはは、それでs」

ドン、とドクオに誰かがぶつかった。

( ^Д^)「っち、おいこらテメエ、邪魔なんだよクズ」

('A`)「あ、ご、ごめん……」

( ^Д^)「最近、妙に元気そうじゃねーか。あ?」

ミ,,゚Д゚彡「おう、どうしたんだよプギャー?」

( ^Д^)「おう、フサ。最近さ、ドクオうざくね?」

ミ,,゚Д゚彡「そういやそうだな。しめるか?」

二人の生徒が、ずいとドクオに近寄る。

ミ,,゚Д゚彡「おいテメー。まーだ虐めたりねえわけ?」

( ^Д^)「キモクズゴミのドクオちゃーんwwwwww最近相手してあげなくてごめんねー?wwwww」

(;'A`)「あ……ぁ……」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 03:00:27.75 ID:iQPyanof0
( ^Д^)「んだてめ、その反応は!あぁっ!?」

一人の生徒、プギャーという奴がドクオの胸倉を掴んで凄んだ。
それをもう一人の生徒、フサという奴がニヤニヤしながら見ている。

( ^ω^)「……ちょっと、二人ともやめるお」

いい加減、僕の目の前で暴れられても困る。
僕はプギャーの肩に手を置くと、そう言った。

( ^Д^)「……ちっ。おいドクオ、内藤に感謝しろよ?」

ミ,,゚Д゚彡「けっ、そろいもそろってうぜえやつら」

肩を怒らせて、彼等はどこぞへ行ってしまった。
いつのまにか静まっていた教室に、また声が蘇る。
けれど、その話題は、いやなものだ。

「気持ち悪いよね、あの二人……」

「いや、ドクオはもとからじゃん」

「でも、内藤ってさ……」

「あー、わかる……なんていうか、あれなんだよね……」

「ねー……」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 03:03:51.06 ID:iQPyanof0
( ^ω^)



僕は常識人。僕は優等生。
僕は、いつの日かのことを思い出す。
確か、数日前のことだ。
所謂リンチといわれるものを受けていたドクオを、僕は常識観点から救い出した。
もともと、彼はクラスだけでなく学年から嫌われていて、暴力を受けているのもよく見かけていた。
そんな彼を見かねて、僕は今まで振るったことのない拳を振るったのだ。
それは決して傷つけるためのものじゃない。守るためだ。
結果からいえば、今の現状通り。
僕は見事ドクオを救い出し、以降苛めを防いだ。
そう、僕は常識人で、優等生だから。
だから、やるべきことを。




にゃあ。
うるさい。

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 03:06:54.20 ID:iQPyanof0
( ^ω^)「次は、移動教室かお」

すっ、と席を立つ。
いつもならドクオが僕のもとへ来るのだが、彼がいない。
きっと、先に教室に向かったのだろう。
そうだろう。
席を立つ。歩く。教室から出る。
廊下を歩く。話声が聞こえる。
視線を感じる。

「うわ、内藤だ……」

「やっぱ、なんか気持ち悪いよな……」

「うん、なんか、あれだよね……雰囲気って言うか……」

( ^ω^)

僕は常識人で、優等生。
そうさ、僕は、モラルや常識があるからさ、何だって受け入れるよ。

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 03:10:53.49 ID:iQPyanof0
授業が終わっても、ドクオの姿はなかった。

( ^ω^)「うー、といれといれ」

休み時間、尿意を感じた僕はトイレへと向かう。
やはり話声が絶えない。
にっこり。にゃあ。

( ^ω^)「あ」

トイレにつくと、そこにはドクオがいた。
しかし、普段の、生徒としてのドクオの姿はない。
征服を来ていないし、ネクタイもしていない。
パンツもはいていなかった。
体の至るところには、痣があり、顔面はひどい様子だった。

(;:#)A;)「うっ……うぅぅうぅ……」

泣いている姿に、僕は少し呆然とする。
しばらくして、僕は手を差し伸べた。
なんたって、僕は常識人で、優等生だから。

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 03:14:26.56 ID:iQPyanof0
その後、保健室へと連れて行ってやり、彼をベッドで休ませることにした。

(;:#)A;)「何で……何で僕がこんな目にあわなければならないんだ……
     ただ僕の顔が、気色が悪いだけじゃないか……だからって暴力が許されるのか……
     人を傷つけていいと言うのか……もう嫌だ……」

呪詛は果てしなく続く。
僕はその言葉に返事を返すことはしない。
今はきっと、彼は文句を言いたいのだ。
会話をしたいわけではないのだ。
僕にはわかる。僕は、そう、常識人で優等生だから。

(;:#)A;)「ううう……」

( ^ω^)


憎い?


にゃあ。

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 03:18:03.12 ID:iQPyanof0
家に帰る。
今日は宿題がたくさん出た。
だからご飯も簡単に済ませて、父が帰るよりも早く部屋へと戻り勉強を始めた。

カリカリ。ノートに鉛筆を走らせる。
パラパラ。教科書を捲る。

( ^ω^)

文字の羅列。これに意味はあるの?
何を思っているんだい、僕。意味はあるに決まっているじゃないか。
僕、どうしたんだい。僕は常識人で優等生なのだろう?
勉強に意味はあるじゃないか。父を見ろよ。
彼は優秀だ。完璧だ。
そんな彼に期待を抱かれているのだから、頑張らねば。
先生方だって、僕にそう言っていたじゃないか。
ジョルジュ先生なんて、うちの学校じゃら東大生が、なんて騒いでいるじゃないか。
頑張らなきゃ。みんなのために。そうだ。僕は

( ^ω^)「あ」

鉛筆の先が、砕ける。

そうだ、コ-ヒーを、買おう。

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 03:21:55.81 ID:iQPyanof0
( ^ω^)

夜になると、僕はいつもコーヒーを飲む。
それは、眠気覚ましのためだから。
睡眠時間は、一日二時間。
残りは勉強と学校。
予備校に通う暇があるなら自分で勉強をした方がいい。
そう言われて、父にこのスケジュールを組まれたのは何年前だっただろう。
それでも、僕は受け入れた。
期待にこたえなければ。父も母も、僕に期待を抱いているのだから。
がんばらなきゃ。

( ^ω^)「にゃあ」

路地裏に、か細い呼吸が聞こえる。
猫。野良猫。僕の足元の。
何度も踏みつけた。死なないよう、それでも死ぬように加減して。
何度も何度も。
口から血がにじみ出ている。きっと内臓が破裂したんだろう。
それでもまだ呼吸は続いていた。
だから、足に力を込めて、思い切り踏みにじった。

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 03:26:03.15 ID:iQPyanof0
  _
( ゚∀゚)「……ドクオは、しばらく休むことになった」

次の日。昨今の野良猫の死体の増加の話の後、ジョルジュ先生がそう言った。
  _
( ゚∀゚)「インフルエンザにかかっちまってな。気の毒に……」

そうか、ドクオはインフルエンザにかかってしまったのか。
それは大変だ。
お見舞いにいこうにも、無理だろう。



休み時間を一人で過ごす。
昼休みを一人で過ごす。
お昼ごはんを一人で食べる。
水を一人で飲む。


にゃあ。



黙れ。

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 03:29:23.82 ID:iQPyanof0
J( 'ー`)し「おかえりなさい、ホライゾン」

ああ、ただいま、お母さん。

J( 'ー`)し「あれ?今日は何かあったのかい?」

どうしてそう思うんだい?

J( 'ー`)し「なんかね、いつもと少し違う気がするのよ」

そうかい?でも、僕はいたって普通だし、今日は何もなかったよ。

J( 'ー`)し「勘違いかねぇ?それより、ご飯どうする?」

ああ、今日も勉強に集中したいから、上で食べるよ。

J( 'ー`)し「おや、珍しいねぇ、ブーンが一人で食べるだなんて」

そうかい?とにかく、後でご飯を持ってきてくれるかい?

J( 'ー`)し「ああ、わかったよ」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 03:32:00.29 ID:zpgvt0wX0
ご飯を頬張る僕の耳に、父の声が聞こえてくる。

「ただいまである」

「おかえりなさい」

「おや?ホライゾンは?」

「上で勉強しているよ」

「そうかそうか。あいつには頑張ってもらわないとな。
 何しろ、吾輩の息子なのだから」

「そうですね、あの子は貴方の息子ですから」

「まあ、あいつに限って失敗はないであろう。
 それより、お風呂入るである」

「はいはい」



( ^ω^)「……にゃあ」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 03:34:35.01 ID:zpgvt0wX0



僕は、頑張っているのだろうか?
いや、まだまだだろう。きっと、こんなことでは父の足元にだって及ばない。
父のような完璧にならねば。
僕は、期待されているのだから。
勉強しなくちゃ。
もっともっと頭を良くして、東大に首席で入って、警部になるんだ。
父だって、できたことだ。
僕にできない道理があるものか。
けど、僕は父を越えれるのだろうか。
分からない。
分からないから、鉛筆を握る。

( ^ω^)「にゃあ……」





最近、独り言が増えた気がする。

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 03:37:05.60 ID:zpgvt0wX0



夜になる。



コーヒーを飲む。




猫殺す。


家に戻って。



また勉強。

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 03:38:23.59 ID:zpgvt0wX0




朝になる。



ご飯を食べて。



学校へ。






一人で過ごし。







一人で帰る。

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 03:40:59.79 ID:zpgvt0wX0
一週間がたったころ、ドクオが登校してきた。

('∀`)「おはよう、内藤君」

どこか、妙な雰囲気を感じた。
棒は優等生で、常識人だから。
人の変化だって分かるんだ。

( ^ω^)「おはようお、ドクオクン」

僕はこの時、初めて彼の事を名前で呼んだのだろう。
妙な違和感を自分で感じた。

( ^ω^)「インフルエンザ、大変だったおね」

本当に?
分かってる。
考えるな。
もう、いい。



にゃあ。


にゃあ。

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 03:43:37.59 ID:zpgvt0wX0
('∀`)「内藤君。僕はね、もしも生まれ変わるのなら、野良猫がいい」

もう、いい。

( ^ω^)「それは、何で?」

もう、いい。

('∀`)「彼等は、いつも独りぼっちだ。自由気ままに生きていられる、実に羨ましいよ」

もう、いい。

( ^ω^)「そうかお」

もう、いい。

('∀`)「ごめんね、今まで」

もう、いい。

いいんだ、ドクオ。

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 03:46:59.70 ID:zpgvt0wX0
教室に、妙な空気が流れていた。
きっと、皆わかったんだ。
それを本能で感じ取ったんだろう。

('∀`)「内藤君、君は、猫のような顔をしているね」

( ^ω^)

('∀`)「なのに、そういう生き方をしないんだ」

('∀`)「気持ちが悪いんだ、君は」

('∀`)「まるで機械のような雰囲気」

('∀`)「表情はいつだって無で、喜怒哀楽がないんだ」

('∀`)「君は、異常だよ」

ドクオが、窓へと近寄った。

('∀`)「僕は知っているよ。君のしていることも」

('∀`)「君が何を思っているのかも」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 03:48:43.11 ID:zpgvt0wX0
('∀`)「見たんだ。僕は」

('∀`)「君が、しているところをね」




( ^ω^)



にゃあ


('∀`)「ねえ、最後にいかい」

( ^ω^)「何かお」

('∀`)「君は、僕を引きとめてくれるかい?」

ドクオの足が、窓の淵にかかる。
悲鳴が聞こえた。甲高い、女子の悲鳴だ。

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 03:50:56.17 ID:zpgvt0wX0
「お、おい!誰か止めろよ!」

「ヤバイって!マジでやばいよ!!」

「きゃあああああああ!!」



僕は、常識人で、優等生なんだ。
僕は、モラルがあって、常識がある。
だから、僕のするべき行動は、彼を引きとめることだ。
けど。



( ^ω^)「君が望むのなら」


('∀`)「やっぱりだ。だから君は異常なんだ」


ドクオの姿が、窓の外へ消えた。

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 03:53:29.37 ID:zpgvt0wX0
全部、きっと、わかっていたんだ。
僕は、異常だった。
そうさ。
親からうけたその期待も、何よりも勉強を優先するところも。
きっと、だからだ。
僕が無機質になったのは。
そのうち、全部どっかいった。
全部壊れた。
欲しいものがなくなった。
いらないものが消えた。
友達がなくなった。
感情が消え去った。
全部壊れた。


猫になりたかった。
僕は、猫に似ているから。
父も、猫に似てた。
やはり、親子だ。

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 03:54:59.37 ID:zpgvt0wX0
猫になりたかった。
自由になりたかったんだ。
だから殺した。
僕は猫を殺した。
羨ましかった。
彼らが羨ましかったんだ。
だから殺した。
気に食わないから殺した。
僕はなれないから殺した。
僕は異常だから殺した。




( ^ω^)



けど、もう、我慢の限界だ。

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 03:56:29.30 ID:zpgvt0wX0
ドクオは言った。
今の僕は異常だと。
なら、その柵も全て、僕は押しのけて正常になろう。
猫になろう。
自由になってやろう。
僕は猫なんだ。
自由だから、何だってできる。
今まで抑えていたものも、すべてやってやろう。
そう、僕はいま、正常になった。



( ^ω^)



にゃあ。

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 03:59:18.59 ID:zpgvt0wX0
( ФωФ)「……ああ」

全てが崩れた気がした。
我が息子が、こんなことをするとは、思いもしなかった。

「警部、しっかり!」

( ФωФ)「………あ、あ」

「警部……」

全部崩れた。そう、崩れたよ。
俺の、今まで手塩に育てた子供が、これだ。
やはり、壊れた。
耐えきれると思っていた。
けど、ダメだった。
息子は、潰れてしまったのだ。俺の期待に。柵に。
だれの責任だろうか?

( ФωФ)


俺?

違う。


あいつがそうなっただけだ。

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 04:02:20.81 ID:zpgvt0wX0
「昨日、午前十時ごろ、都内VIP高校において、無差別殺人事件が発生しました。
 死者十二名、重傷者十名という被害をもたらしたのは、何と同校生徒の男子でした。
 少年はカッターナイフで次々と切かかり、職員が数名で取り押さえたところ、ようやく止まったとのこと。
 なお、事件発生寸前、少年のクラスでは飛び降り自殺が起きた模様で、どうやら少年は
 それにより、何らかの――」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 04:04:12.04 ID:zpgvt0wX0


僕は猫になりたかった。
ずっとなりたかった。
ただ、自由になりたかった。
この身にまとわりつく異常の柵も、全て解き放って。
僕は、猫になりたかった。


猫になったとき、世界は変わった。
退屈なんかじゃない。きっと、これは刺激であふれているんだ。
だから、猫になった。


遠くで、鳴き声が聞こえる。



end.

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/04(水) 04:05:26.76 ID:zpgvt0wX0
お疲れ様、ながらはやっぱり疲れるね
っていうかもうこんな時間か、やばいな

83 名前: ◆EYa/H5FhY2 :2009/02/04(水) 04:08:40.13 ID:zpgvt0wX0
酉は出した方がいいのかな?
とにかく付き合ってくれた人、ありがとう
よい夢を

 

TOPに戻る